福一漁業株式会社

 » 漁撈事業本部

波を蹴立ててあくなき挑戦の舵を切る。

漁撈事業本部の核は、まぐろ・かつおを主な漁獲対象とする海外まき網漁業。

5隻の海外まき網漁船は、中西部太平洋を中心に1航海30~40日操業します。

漁業を取り巻く環境は大変シビアです。

福一は、不振が続く漁船漁業界にあって幾多の難関を乗り越えてきました。新規事業の立ち上げによるグローバル化を進める一方で、大きな柱である漁撈部門は熱い情熱と負けじ魂、強い信念を持って漁業に挑み、確かな実績を収めています。

遠洋船操業海域

遠洋船操業海域

漁業の一連の流れ

  1. 探 索

    双眼鏡を利用した目視での魚群探索に加え、鳥レーダー・スキャニングソナー・魚群探知機といった電子機器も利用して魚群を探索します。海外まき網漁業では探索は日中に行われ、夜間に探索をすることはありません。

    ※弊社所有の第83福一丸は日本のまき網船では珍しいヘリコプター搭載型の船です。ヘリコプターでは上空から目視によって、広範囲を効率的に魚群探索することができます。太平洋で操業する日本の海外まき網船28隻のうち4隻のみがヘリコプター搭載型の大型まき網船になります(平成30年現在)

  2. 投 網

    【所要時間】…7~8分。
    魚群を発見したら、その魚群を囲むように網を投網します。本船の後ろ側に搭載しているボート(一号艇)が網の端を持ち、本船が全速力で魚群を囲むようにして積んである網を円を描くように落としていきます。よく勘違いされるのは一号艇が網を引っ張って魚群をまきこむと思われることが多いようですがあくまでも一号艇は網の端を保持する役目を担っており、魚群を取り囲むのは本船の役割になります。本船の何倍ものスピードで動き回る魚群を巻き込むことは非常に難しく、なにも巻き込めず失敗することも珍しくありません。この網を入れたときに魚が網の中に入る成功率の高い船頭が腕の良い船頭といわれる要素の1つです。

  3. 環巻き~揚網

    【所要時間】…環巻き20~30分 揚網2~3時間
    魚群を巻き込むことに成功したら、網の底にある環(おもりのようなもの)を巻き込みます。これを環巻きといいます。環巻きが終了するまでは魚群が網の底から逃げてしまう可能性があるので急いで環巻きを終了させます。この時点で魚群の逃げ場はすべて封鎖されて、無くなります。環巻きの次は網を絞っていく揚網作業です。魚を本船に取り込むために網を小さく絞っていきます。

  4. 取込準備

    【所要時間】…20~30分
    揚網がおわると、次は取込準備です。揚網が終わった時点で、すでに網は挟まり見た目上は生簀状態になっていますが、この時点では、底の深い生簀状態であり、本船からのタモで魚をすくうことができません。タモで魚をすくいやすくするために、底の浅い生簀状態にしていきます。

  5. 取り込み

    【所要時間】…漁獲量によってまちまち 約3トン/分
    取り込み準備によって、底の浅い生簀状態となったところに、本船からタモをいれ、船の上に魚を汲み上げます。汲み上げられた魚は船のデッキ上にあいているハッチ(甲板上にあいている魚取り込み口の穴)に投入され、ハッチからつながった樋(トイ・・・ハッチと魚倉を繋ぐ、レールのようなもの)の上をすべって、各魚倉へ送られます。

  6. 凍 結

    魚倉にはマイナス18℃ほどの濃度の高い食塩水(ブライン)が張られています。ここに樋をつたってきた魚が投入され、一気に凍結されます。以前は、魚倉に大量の魚が投入されるとブラインの温度が魚の体温によって一時的に上昇し、急速凍結になりにくい状況が発生することがありましたが、近年では、冷凍技術の発達や冷凍能力の大型化により、以前に比し、より魚の鮮度がよい状態で凍結することができるようになりました。

主な基地

国内の基地

  • 焼 津
  • 枕 崎
  • 石 巻
  • 山 川

海外の基地

  • ポナペ
  • プーケット

所属船一覧